ライト・ショアジギング入門者のロッドとリールの選び方は?安いロッドやリールは使い物にならないか?


陸からの釣り、陸っぱり(おかっぱり)なんて呼ばれたりもするショアジギングもしくは、ライトショアジギング。

リールとかを使わない「のべ竿」では釣りにならないので、当然リールと投げ竿が必要になってくる。

私は以前キス釣りくらいはやったことがあるので、古いリールと投げ竿が家に眠っていた。
天秤おもりを飛ばすような2.7mの硬い竿と、ちょい投げ用の1.5mの柔らかい竿の2本。
始めはこれでやった。

ベテランの釣り人から言わせたら、鼻で笑われるようなものだろうけど、これでも釣りは出来る。

実際、ちょい投げ用の1.5mの竿でもサビキ仕掛けでサバを釣ったし、アジとかサッパという小魚とかもたくさん釣ったから釣れることは間違いない。

でも、ライトショアジギング専用のロッドやリールを買おうと探してみると、ほんとにいろんな種類のものがあって、素人には違いがわからず敷居が高く感じられてしまう。
”おすすすめ”と検索をかけても、どのサイトでもおすすめはそれなりの値がするものばかり。

そりゃあ、高い物買っておけば間違いないのだけれど、釣れなかったりして「楽しくないな」と思ったら多分やめてしまうであろう程度の心構えの人間からしたら、「それは違う」のだ。

わたしが紹介するのは「出来れば、釣具店に並んでいるロッドとリールがセットになっている2,980円のものでできないかな?」なんて考えてるくらいの人が参考になる内容だと思う。
実際はそこまで安く済まないのは予めお断りしておくけど。

ライトショアジギング入門に必要な最低限のリールやロッドは?

色々調べていると、ショアジギングで最も重要なのは飛距離のようだ。
ルアーを遠くに飛ばせれば飛ばせるほど、魚がかかってくるチャンスが増える。

飛距離という単純な水平方向の距離だけではない。
岸から投げるわけだから、遠くに投げるほど水深はどんどん深くなる。
深くなれば、水面から底までの距離も長くなるので、水平距離プラス垂直距離が加算されてチャンスがさらに増えるという理屈だ。

深いところに行けば、普段浅いところにはやってこないような大物の魚がいる可能性も高くなる。
最低限、飛距離と大物が掛かっときの事を考慮に入れる必要があるのだ。

まずは竿(ロッド)選び 飛べばいいってもんでもない

リールを選ぶ前にまず竿(ロッド)を選ぶ。

ショアジギング用やライトショアジギング用を謳ったロッドがあるのでそれを選べばいいんだけど、それでも色々あるので最低限自分がメインで狙いたい魚をイメージする必要が出てくる。

それは、狙う魚種や大きさによってルアーの大きさ、重さが違ってくるからだ。

単純に考えるとルアーを遠くに飛ばすには、ロッドは長ければ長いほど、硬ければ硬いほどいいことになる。
ただ、釣りの醍醐味は、竿をしならせながら魚の引きを楽しむ”やり取り”だと思うので、あんまり硬すぎる竿だと小さい魚がかかった時に楽しくない。
逆に言えば小さい魚でも、柔らかいロッドならやり取りを楽しめるという事だ。

じゃあ、ロッドを選ぶときにどこを見ればいいかというと、「適合ルアー重量」というところ。
竿には「適合ルアー重量」というのがある。
この範囲の重さのルアーを使ってください、という目安が「この適合ルアー重量」。

大雑把に分けると、ライトショアジギングは最大40g位までのルアーを使う釣りを指していて、ショアジギングはそれ以上の重さのルアーを使う釣りと言うのが一般的な定義になっているようだ。
ただ、ライトショアジギング用と謳っているロッドでも、適合ルアー重量が15gとか20gまでとかになっているものが結構ある。
20gくらいまでしか適合してないロッドだと、正直あまり飛距離が稼げない。
釣れるチャンスを最大限にしたいという意味では、ちょっと物足りない気がする。

個人的には”青物釣りたいなー”という希望があるので、90gまでのルアーに適合しているロッドを買った。
今のところは40g位までのジグしか投げる予定がないので、これで十分。
これより上となると、150gくらいまで投げられるロッドになると思うけど、そんなデカいルアーで釣れる魚は求めてないからいらない。
私が購入したロッドはタカミヤというメーカーの「H.B concept ライトステップ ショアジギング 86」というものだ。
赤が何気にカッコいいなと思って結構気に入っている。

全長 継数 仕舞寸法 自重 適合ルアー カーボン含有率
259cm 2本 135cm 202g 20g-90g 80.0%

このロッドには長さが3種類あって、8.6フィート(259cm)・9.0フィート(272cm)・9.6フィート(290cm)というラインナップになっている。
どれも適合ルアー重量は同じなので、長いほど飛ぶという理屈では9.6フィートを選ぶべきなのかもしれないのだけど、実は竿の長さで飛距離はあまり変わらないというのを耳にしたことがあるという理由から、取り回しを優先して一番短いのにしてみた。

購入価格は税込3,400円という破格値だったが、これは別に特価で買ったとかいう訳ではなくて通常の価格。
はっきり言って超がつくほどの安物だ。
でも、今のところ特に不満もなく、それどころかなかなか気に入っている。
使っているうちにどんなところに不満が出てくるかも見当がつかないが、高価な竿は今のところ欲しいと思ったことはない。

ロッドの次はリール選び ワゴンセールの安いリールは?

ライトショアジギング用のリールの選び方は、ロッド選びより簡単かもしれない。

ショアジギングは、どれだけたくさん投げられるかで釣れるかどうかが決まってくると言われる釣りだ。
軽量でかつ一巻あたりの糸の巻き取り量が多いものがいい。

リールには番手というものがある。
糸の巻き取り量によって大きさが決まっていて、1000番、1500番、2000番、2500番、3000番、・・・と続く。

ライトショアジギングでは大体3000番~4000番くらいが一般的のようだ。
ちなみにこの番手というのは、特に厳密な規格とかがあるわけではないようで、メーカーによって同じ番手でも巻き取り量とか大きさは変わってくる。
何号の糸が何メートル巻けるかという目安が大抵のリールには記載されているのだけど、ショアジギングで巻くことになるPEライン自体、メーカーによって同じ号数でも太さが全然違う。太さが違ったら巻ける量も全く異なってくるので、番手なんて大まかな目安としてとらえておけばいいと思う。

リールにはギヤが内蔵されていて、このギヤ比によって、ハンドル一回転あたりの糸の巻き取り量が決まってくる。
兎に角たくさん回数を投げる釣りなので、ハイギヤとよばれる一回転あたりの糸の巻き取り量が多いタイプを選んでおくといいかもしれない。
ただ、最廉価モデルにはこういったハイギヤモデルはあまりないので、ちょっと値の張る仕様になってしまう。

私が初めて使ったのは、釣具店で買ったワゴンセールの2,000円くらいのもので2000番のものだったけど、数回の釣行で壊れてしまった。
具体的には、糸が回転部分に巻き込んでしまった時のように、巻き取りがめちゃくちゃ重くなってしまうという症状になった。
メーカー名もわからないようなリールは駄目だな、と実感したので、その後シマノの3000番のリールを買い直した。

私は何かにつけてアマゾンで購入するのだけど、購入したリールはそのアマゾンの購入者レビューでもおおむね評価が高かったので安心して購入できた。
他にも2,000円くらいで評価の高いリールがあって迷ったけど、何しろ聞いたこともないメーカーだったのでまた同じ轍を踏みそうな予感がして躊躇した。
私が購入したシマノ製「ALIVIO (アリビオ) C3000」が3,200円弱だったから、たった1,200円の差額なら断然シマノ製のリールを選んで良かったと思う。
ちなみにC3000のCはコンパクトの意味。3000番と同じ量の糸巻量ながら本体はコンパクトで一クラス下の大きさに抑えたモデルだ。

 

 

 

糸巻量(ナイロン) 最大巻上長 ベアリング数 スプール 最大ドラグ力
2号-220m
2.5号-185m
3号-150m
4号-100m
74cm/ハンドル1回転毎 ボール1
ローラー1
AR-C 3.0kg/29.4N

大物がかかた時のことを考えると、もう少しドラグ力があったほうが良いのかもしれないが、そんなことは大物が掛かってから考えればいいんじゃないだろうか。

これでロッドとリールがそろったわけだけど、ロッドが3,400円、リールが3,200円で合計6,600円。
釣具店の2,980円のセット品と比較すると倍以上の金額にはなったけど、ライトショアジギングを始めるにあたって、かなり安く揃えられたんではないかと思う。

安い道具で大物を釣り上げる!
これこそ釣りビギナーの醍醐味ではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする