釣り糸の種類や太さ・強度は?ライトショアジギングにおすすめPEライン3選!1分でできるリーダーとの結び方!

ロッドとリールを揃えたら、忘れてはいけないのがライン。釣り糸。

リールを買うと始めから糸が巻かれていたりするものもある。
特にお値打ちリールなんかは大抵糸付きで売られていることが多い。

キス釣りとかハゼ釣りに使うのであれば、そのままついている糸を使って全く問題ない。
ただ、飛距離を出すことが重要視される釣りにおいては、糸の違いで格段に釣果が変わってくるので、巻かれている糸がナイロンなら断然巻き換えたほうが良い。

私も最初は巻かれていた糸をそのまま使ってライトショアジギングを始めたが、少し重めのルアーを投げようとすると、ラインが切れそうで恐る恐る投げていた。
実際にちょっと力いっぱい投げると、バチンッ!と音を立てて切れた。当然高価な(私にとっては)ルアーも一緒に海の底。

初めは何もわからなかったので、竿とかリールが安物だからうまく糸が出ていかなくて切れるのかな?なんて考えていた。
それが糸のせいだと気付いたのは、数回の釣行の後。
お気に入りの釣り動画「釣りよかでしょう。」でタックルのお話の回を見た時にやっと「糸って大事なのか?」と思い始めた。
それから、すぐにPEラインを購入してリールに巻いて釣りに行ってみたところ、「こんなに違うんだ!」と驚いたものだ。

釣り糸の種類は?

釣り糸の種類ははっきり言って少ない。
ナイロンライン
フロロカーボンライン
PE(ポリエチレン)ライン
この3種類しかないと思ってもらっていい。
他にもポリエステル製のラインもあるそうだけど、ほとんどないので除外して考えていい。

ナイロンライン
ーリールに最初から巻かれているのはたいていこのナイロンライン。特徴としては伸びやすいこと。吸水率が高く吸水劣化する。紫外線劣化しやすい。PEラインと比較すると同じ強度だと約3倍近く太くなる。

フロロカーボンライン
ーPEに比べ摩擦やスレに強い。比重がナイロンの約1.5倍、PEの約2倍ほど重い。吸水性がナイロンの1000分の1ほど。対紫外線耐性が高いので劣化しにくい。太さと強度の関係はナイロンより若干太め。

PEライン
ーポリエチレン製。同じ太さならナイロンやフロロカーボンの3倍近くの強度がある。ただし、スレなどの摩擦にめっぽう弱い。通常PEラインのみでは使用せず、魚に近い部分に他のラインをつなげて魚の歯や障害物でラインを切られて逃げられるのを防ぐ。吸水性が低く対紫外線耐性が高いので劣化しにくい。

釣り糸の種類と使い分け

PEラインナイロンライン
PEラインフロロカーボンライン
ナイロンラインのみ
上記の3種類のどれかになる。
フロロカーボンはリールに巻くと飛ばない。
フロロカーボンは固いのでリールに巻くと、投げる時にロッドのスプール(糸の通る輪っか)との抵抗が大きく全く飛ばない。
リールに巻くならPEラインかナイロンの2択になるが、遠くに投げるならPEラインしか選択肢はないと言っていい。

そして、ジグなどのルアーを投げる場合は、飛距離もさることながら、アクションについても考慮しないといけない。
PEラインはほとんど伸びないので、シャクリなどのアクションを付けた時にダイレクトにルアーが動く。
対してナイロンラインは伸びる為に、緩やかな動きしかしてくれない。

どれくらい伸びるかというと、ナイロンラインで大体25パーセント前後、PEでは約5パーセント前後だと言われている。
これをわかりやすく距離に直すと、例えば100mキャストしたとすると、25パーセントは25mなのでナイロンラインなら最大25mも伸びることになる。
例えば、ロッドで50cmのシャクリを入れたとしても、ラインが伸びてわずかな動きしかしてくれなくなるわけだ。
これも一度ナイロンラインで投げてみてから、PEラインに換えて投げてみると明らかに実感できるレベルの差がある。

あとはPEラインの先端に結び付けるラインをナイロンにするかフロロにするかを選ぶだけだ。
ナイロンにするなら一回の釣行ごとに新しいものに換えるつもりでいたほうが良い。吸水性が高いことで吸水劣化を起こすからだ。
一方のフロロカーボンはPEラインと同じくらいの耐久性があるので、傷がついていない限り変える必要がないと思っていい。

ナイロンのメリットは伸びること。針を魚の口に食い込ませるためにする”あわせ”などの瞬発的な衝撃を吸収してくれるので、切れにくくバラしも少なくなる。
フロロカーボンのメリットはスレなどの摩擦に強いこと。表面が硬いので傷がつきにくいが、傷がついてしまうと極端に強度が落ちる。
どちらのラインをリーダーに選ぶかはそれほど神経質になる必要はないが、PEラインの3倍~4倍程度の太さのものを選ぶ必要がある。
長さは釣り場の環境によって変える必要があり、堤防などの岩礁が少ない場所では1m~1.5m程度、磯などでは3m~6mがいいらしい。
結び目がロッドのスプールを通ると抵抗で飛距離が落ちるので、遠く飛ばしたいならみじかめにしたほうが良いだろう。

ライトショアジギングにおすすめのPEライン

PEラインはナイロンやフロロなどと違い、何本もの糸を編み込んだつくりになっている。
市販されている物には4本を撚(よ)った4本撚りのものと8本撚りのものがある。
8本撚りのほうが強度は断然上だが、その分値段が張る。大体倍くらいの価格差がある。

PEラインはメーカーや商品によって、全くと言っていいほど太さや使い心地が違う。
購入する際には巻きたいリールの糸巻量を気にして決めたほうがいい。

下の3つは、どこのサイトでも紹介されているような買って間違いないおすすめのラインだ。

よつあみ(YGK) ライン G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号(30LB)

実売価格約2,800円弱

ゴーセン(GOSEN) PE マックスビート 200m 1.5号(17LB)

実売価格約1,400円弱

シマノ(SHIMANO) パワープロ Z PP-M52N 150m 1号(20lb)

実売価格1,700円弱

以前は高価だったPEラインも安価なものが出回っている。
安価なものだと使っているうちに断面が扁平してしまって、飛距離が落ちたり風に流されやすくなったりするので1年くらいで交換する人が多いようだ。
高価なものだと平気で4、5年は使えてしまうので、結果的にはコストパフォーマンスが良いかもしれない。

PEラインとナイロン、フロロの結び方!1分でできるリーダーとの結び方!

PEラインとショックリーダーに使うナイロンやフロロカーボンは、しっかり結んでやらないとすっぽ抜けたり切れたりしてしまう。
FGノットという特殊な結び方をするのが一般的だ。
初めはとっつきにくいが、覚えてしまうとさほど苦にならないので動画などを見て覚えてしまおう。
私は堀田光哉さんの実演している動画を見て覚えた。


残念なことに堀田さんの動画だと、編み込んだ後のほどけ止めのハーフヒッチとエンドノットがやられていないので、下の動画を参考にしてほしい。

上の動画だとハーフヒッチを20回もやっているが、5回もやれば大丈夫。あくまでもほつれどめなので3回でも良いくらい。
根掛かりして引っ張って切るしかないときでもすっぽ抜けたことはないから心配しないでいい。
編み込み後のやり方は、人によってやり方や回数が全く異なるのだけど、逆に言うとそれだけどうでもいいという事なんだ思う。

1.編込み(15回~20回程度)
2.仮結び(ハーフヒッチ1回)
3.編込み部を濡らして締め上げ
4.ほつれどめ(ハーフヒッチ5回程度)
5.仕上げ結び(エンドノット1回)
私はいつもこのやり方で、1度も抜けたりしたことが無い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする